山の絵 浅野孝之

野画廊は2021年8月にオープンしたオンラインギャラリーです。

2020年以降のコロナ禍で気軽に美術館やアートギャラリーなどへ行きづらい社会の中、混沌とした社会においてアートが持つ力は以前より増しているように思います。

野画廊はアート作品の魅力だけでなく、作家がどのように作品と向き合い制作し、本人がアートと向き合っているかを大切に考え、作家の声と形を見せられるようインタビュー形式で作家を紹介しています。

 

初回の販売作品は、岐阜県各務原市在住の作家、浅野孝之さんの”山の絵”です。

浅野さんは1985年岐阜市出身で、京都造形芸術大学で陶芸を学び、現在陶芸教室ちゃわんむしを運営されています。

浅野さんは陶芸作品だけでなく、既製品を用いた作品や立体作品など陶芸以外の媒体でも美術家として制作活動を続けており、今回は浅野さんが手がけた絵画作品に着目した作品販売を行います。

浅野さんがじっくり語ってくれた山の絵に対する思いや考えをまとめたインタビュー記事はこちらからご覧いただけます。

作品販売ページはこちらです。

 

みなさまにアート作品と作家をより身近に感じ、アートの魅力を手にとって感じてほしいと願い、野画廊は活動を行っています。